睡眠と肌の関係。美肌のためには睡眠が必要。

公開日:  最終更新日:2017/08/07

美肌を保つためには正しく睡眠を取る必要があります。
成長ホルモンの分泌は22時~2時に行われるといわれており、
この時間に寝ていることが肌には良いといわれています。
ただ、現実的に22時に寝るというのは現代人にとっては中々難しいことだと思います。
OLでバリバリ働いている人などは22時に会社にいることもあるかもしれません。

入眠をスムーズにする

最近は、入眠後3時間に成長ホルモンが分泌されるという説が有力になってきており、
これに向けて対策することが有効とも言われています。

人は体温が下がっているときに眠りに入りやすいと言われており、スムーズな入眠は睡眠の質を改善してくれます。
就寝の2時間程度前に入浴して温めておき、体温が下がってくるあたりにお布団に入ることで入眠しやすくなります。

リラックスする


落ち着く音楽、アロマ、負荷をかけないストレッチは身体をリラックスさせ眠りに入りやすくなると言われています。

温かいハーブティーを飲むのも1案です。
カモミールティーは心を落ち着かせてくれます。
ラベンダーディーは緊張を緩和して、疲労回復にも役立つと言われています。

ホットミルクを飲むのも良いとされています。
胃の負担もかけず、空腹感もやわらげてくれます。
また、催眠効果のあるトリプトファン、心を落ち着かせるカルシウムも含まれています。

個人個人によってリラックスの仕方はあると思いますので、リラックスできる方法を探してみると良いと思います。

照明にこだわる

睡眠に必要なホルモンの分泌を阻害してしまうため、煌々と明かりをつけないようにしましょう。
キャンドルの火や、足元に間接照明を置くなども効果的です。

本を読む

寝る前の読書はリラックス効果があります。

特にジャンルなどはありませんが、私は村上春樹がおすすめです。
面白すぎて逆に夜更かししないように、あなた向きの寝る前読書の本を探してみてはいかがでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑