女性のための歳を重ねたときの睡眠ガイド

公開日: 

睡眠に悩みを感じていますせんか?

歳を重ねるごとに眠りが浅くなることは一般的に知られていますが、女性には更年期特有の症状も重なり「不眠」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「不眠」となる原因は、女性ホルモンと関わりがあります。
更年期には、女性ホルモンの分泌量が不正常となり、ホルモンバランスを崩しがちになります。
そのため、自律神経失調となり「不眠」の一つの原因となってしまいます。

では、これらに負けずしっかり睡眠をとるためには何に気をつければよいのでしょうか?

就寝前に身体を温める

人は体温が下がると眠気を感じるようにできています。
就寝2~3時間前にお風呂に入り、就寝時に体温が下がるように調整してみましょう。

寝る前に食べ過ぎない

可能なら就寝3時間以上前に食事を済ませましょう。
寝るときに満腹な状態では眠りが浅くなります。

寝る前は明るい光を避ける

家ではテレビ、スマートフォンなどを見る方は多いと思いますが、就寝2~3時間前から我慢しましょう。
どうしてもという人は1時間前からは見ないようにしましょう。
就寝直前まで明るい光を見てしまうと、眠気を発生させるホルモンの分泌を妨げてしまい、寝付きを悪くしていしまう可能性があります。

睡眠サプリメントを摂取する

GABA、テアニンを含有するサプリメントを摂取するのも良いと思います。
これらは安眠効果、リラックス効果によって、入眠しやすくしたり、睡眠の質を高めるサポートをしてくれます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑